過払い金請求をするとどうなるか

最近では過払い金の問題が盛んに言われています。
多くの人が弁護士などに相談をして過払い金の返還請求を行っているのではないでしょうか。
この過払い金とはどのようなものなのかをしっかり理解しておく必要があります。
現在日本では消費者金融などのキャッシングを利用している人は多く1400万人以上いると言われています。


この過払い金は消費者金融などの貸金業者が、法律で定められている利息制限法の上限を超えて支払い続けた利息を過払い金と言います。
キャッシングをしている人がいつのまにか知らないうちに余計な利息を取り続けられていた払い過ぎた利息が社会問題化になっています。


消費者金融から借りてすぐに完済すれば問題ありませんが、複数の消費者金融から借りている人や長年借りている人は過払い金を支払っている可能性が高いです。
消費者金融に関する法律は昔から日本にあります。
日本には利息制限法という法律があり、総額で10万円から100万円までお金を貸す場合は、18%以上の利息は取っていけないという決まりになっています。


消費者金融に長期間にわたってグレーゾーン金利で借入と返済を長年続けていると過払いになっている可能性が高いですが、素人が手続きをしようとしてもとても難しいので、まずは弁護士や司法書士に依頼をしてから過払い返還請求をするようにしましょう。
弁護士や司法書士に依頼すれば多くのケースで過払い金が返還することができるので、まずは自分一人で悩まないで専門家に依頼しましょう。


<管理人推奨リンク>
弁護士に無料で相談をして過払い金の返還請求を行えるサイトです …> 過払い金